ハリケーンランタンの取り扱い方について

◆ハリケーンランタン使用時のご注意
◆ハリケーンランタンのご使用が初めての方は特にご注意をお願いします
※構造やしくみは簡単ですが取説書を必ず読んでいただき熟知の上ご使用お願いします
※しくみの理解とコツと慣れが必要です
※初めての方はオイルを入れる前に十分にご使用方法を把握の上ご使用下さい
※裸火やオイル等の可燃危険物を取り扱いますので十分に気を付けてご使用お願いします
※ランタン上部は高温になりますので火傷ケガ等の無いようご注意の上ご使用お願いします
※基本的にハリケーンランタンは屋外用になります。安全な広い場所で使用してください
※お子様がいる所では触らない様目を離さず気をつけてご使用、または火をつけない等安全に十分ご注意の上ご使用下さい

◆正しいハリケーンランタンのご使用方法

◆正しいハリケーンランタンの綿芯のカットは綿平織芯の横糸に沿って平行に直線にカットします。
※直角にカットして角が無いよう面取り程度に毛羽立ちを整えてご使用下さい
※大きく台形や三角状にカットしますとランタンのバーナー仕組み上不完全燃焼になります
※あくまで直線が基本ですが、炎が綺麗に出ない、安定しない等の場合は緩やかな扇型にカットして下さい。

◆ハリケーンランタンのホヤ内の正しい炎は気圧の関係で先端部は尖らず丸目になりますが
 外気の風で上昇気流が出来ると炎らしくゆらゆらと尖ってきます
※通常お部屋等の無風状態でしたら、炎の先端は丸く揺らぎは殆ど有りません

◆炎はメーカー機種でも違ってきますが、綺麗で明るい炎を出せるのは直線直角カットです。(但し知識とコツがいります)
※DIETZディーツは直線カットすると本来のハリケーンランタンの力強い炎と明るい炎になります
※フュアハンドはやや角は丸目にカットしないと綺麗な炎になりません
※キャプテンスタッグやカメヤマランタン等のレプリカ版は特に気にしなくても良いと思います
 最初から少し台形や扇型にカットしお好みの形でキャンドルの炎のような、やわらかい炎と優しい灯りをお楽しみ下さい。

◆ハリケーンランタンの炎は2パターンが有り、バーナードーム外の燃焼炎はハリケーンランタンの本当の炎では有りません
※綿芯はバーナードーム内で2〜3mmMAX、炎を3cmMAX以下で調整をして下さい
※点火時も同じで2〜3mm以上出さないで下さい。ほとんどの方が点火時から失敗し永遠に失敗に気が付きません
※分かりやすく言えば芯に点火後ホヤを下して炎が小さくなれば正解、ホヤを下して炎が大きくなれば失敗のもとです
大きな炎では素早く小さくしないと数秒で芯は焼け完全失敗します。失敗は正しい炎を知らないと気がつきません
炎調整は必ずホヤを下して小さい炎から少しずつ大きくします。ホヤを下して大きな炎から小さくすれば点火時から失敗しやすくなります。
※バーナードーム外に芯を1mmでも出すとハリケーンランタンの本来の炎ではなく、普通に物が燃えるキャンドルと同じ炎になります
(バーナー内でも出しすぎると燃える場合が有ります)
※ほとんどの方の燃焼の仕方です。失敗の火は気が付きませんが消火後の芯を見れば燃えた跡が残りますので確認出来ます。
※ハリケーンランタンの正しい炎はロウソクやキャンドルの様な芯が燃えている炎ではなく、ガスバーナーの様な芯の無い炎と思って下さい。
※一度失敗しますと治りませんので一旦消火し、数分後一から初めて下さい(芯は黒く燃えて失敗していればカットして下さい)
※炎を小さくして芯先が少しでも炭火のように赤く燃え、少しでも煙が出れば完全失敗です
◆最良の安定した気化燃焼の炎は正しい炭化が重要です。
※芯先を指やテッシュで拭くと(1)無色透明で綺麗なオイルのみ付けば最良の炭化、(2)黒い油と黒い炭汚れが付けば不良の炭化です。
※(1)と(2)の炎は全く別物の炎になりますので炎の形や明るさも違ってきます。

◆ハリケーンランタンは綿芯の毛細管現象、油の気化、熱対流と気圧力をうまく利用したドームバーナー式になります
正しくご使用の場合、本来のハリケーンランタンは力強さを感じる炎で明るい灯りになります。

◆トップリングについて
通常トップリングはメインテナンス以外は使いません
※トップリングはホヤガラス、芯交換等のメインテナンス時以外にはご使用出来ません
持ち手フック、吊りフック替わりに使用しますと必ず、故障、火傷、火事等の事故につながります
危険ですので移動やランタンを吊る場合はキャリングハンドルをご使用お願いします。

◆オイルが漏れる=不良品では有りません
ハリケーンランタン本体は漏れやすい構造になっております、また普段漏れなくても悪条件がそろえば自然に漏れますので
移動時、ディスプレイ時、保管時等の火を点けないときはオイルを抜いて下さい
※ウィック(綿芯)/ランタン本体構造の毛細管現象で条件が揃うと自然に漏れる場合が有ります
※オイルタンクは7分目以上にオイルを入れますと稀にランタン構造上タンク上部から自然に漏れる場合が有ります。
 漏れ防止を考えますと6分以下200ml程度が理想です。
(ディーツ78/フェアハンド276の場合タンク上部1段目のへこみライン以下)
※ランタンは構造上傾きや揺れ時にオイル漏れしますが、特にフェアハンド276は横揺れや傾きで簡単に漏れやすくなっております。
※傾きや横揺れ時のオイル漏れの弱い順 フェアハンド276→ディーツ78→キャプテンスタッグ/カメヤマランタン 
※注油オイルキャップをゴムパッキンに交換するとタンク内部の圧力が上がりさらに漏れが増しますのでおすすめしません。

h-oil-more
h-oil
oil-m

◆パラフィンオイルについて
※パラフィンオイルは一口に言ってもメーカーで品質成分は全く違います、国産メーカー品でも他メーカー混合は
ご使用しないで下さい、故障の原因になりますし保証は一切無効になります。
※灯油混合や水/雨水/結露水分等の混入は燃焼不調不良や故障の原因になります。

◆ウィック綿芯について
★抜群の炎・ハリケーンランタン専用ハードタイプ替え芯
※当店ではウィック綿芯グリーンライン・ハードタイプをお薦めしております。
江戸川屋ランプ/オリジナル・グリーンラインタイプ
灯油の吸い上げを促進させ、従来の4分芯よりも明るくできるよう開発(日本製)
他社のランタンにも使えます。

◆キャンプやアウトドア等でご使用の場合
キャンプやアウトドア等屋外で頻繁にご使用の場合はホヤ/バーナーを外しタンク内部の定期的メンテナンスが必要になります
※タンク内上層部はエアーチャンバーを通り煤/ホコリゴミ/虫等が入りこみやすくなっており温度変化による結露水分混入や
燃料オイルが必ず混入しますので故障の原因になります、また空気の流れが悪くなりますので不完全燃焼の原因にもなります

 

◆構造上の燃料タンク空気室オイル溜まりについて(メーカー問わず)
※オイル溜まりはタンクに入れるオイル量は関係しません、少量でもオイルを入れる限り必ず出来ます。
※オイル溜まりは少量ですが表面張力によりタンク壁を伝って上がってきますので完全に抜く事は現実的には不可能です。
※漏れやシミになる原因ですので、燃料が空でも横に寝かしての移動は厳禁です
※構造しくみをご理解の上正しくご使用お願いします。

h-oil-more

◆ハリケーンランタンの自己消火について
※ハリケーンランタンは構造しくみ上、横にすれば自己消火作用が有ります
※過信は出来ませんが緊急時や非常時に、もしも倒れた時は少しは安心行動が出来ると思います。
※しくみ上、横にすれば数秒で炎は小さくなり消えますが、場合により火は消えませんので過信は出来ません
※通常炎は小さくなりバーナー下部から煙が出たのち消えますが、消えない場合は風を吹き込む、またはゆっくりと縦に起こせば消えます
※正しいハリケーンランタンの炎の場合ですので、台形や山形にカットして芯を燃やす誤った炎ではすぐには消えませんので危険です
※ハリケーンランタンはロウソクのように芯を燃やす灯りでは有りません、最良の自然気化のガスバーナーで安全にご使用お願いします
※オイル量は少な目に入れておくと倒れても漏れも少なく安全です
※通常故意に横にするのは危険ですので厳禁です
※昔の知恵のレトロ・ハリケーンランタンを正しく理解し安全に楽しくご使用お願いします。

DIETZ-78r

ハリケーンランタンの炎 凜として

凜として

綿芯の適正燃焼幅の出し方

◆ご注意
簡単に適正な燃焼幅が出せますがハリケーンランタンが初めての方や不慣れの方、構造やしくみに
理解していない方は通常のホヤを付けた方法で安全に火を点けて下さい。

※以下一手法ですので、ご自身の責任と判断のもとお試し下さい。
※ハリケーンランタンのサイズや綿芯で適正燃焼は違ってきますので、あくまで参考です。
※炎は綿芯のオイル保有/オイル吸い上げに左右しますのでレバー調整はゆっくり回さないといけません
レバー調整の回し方一つでも、全く違った炎になります

1)ホヤを外し、ホヤなしで1~2mm程度の芯を出し小さな炎で数分間燃焼し暖機します
2)ランタンが温まってきましたら炎が少し大きくなりますので、さらに炎を大きくします。
3)チムニー最下部(ホヤ押さえ部)から5mm~10mm程度炎の先端を離します、
決して炎をチムニー内に入れてはいけません。
※調整はゆっくりして下さい、早くすると先端がふらふらと踊り不完全燃焼になります。
4)この状態で10分程度燃焼させて下さい。
5)しっかりと、天に伸びる一本の綺麗な炎が見えましたら完成です。
6)消火後、綿芯幅を確認の上ホヤを付けて安全にハリケーンランタンの灯りお楽しみ下さい。
※茶黒い燃焼幅は2㎜~3㎜以下になっているはずです。
7)点火時、燃焼時、消火時はこの燃焼幅が基準になります。
※点火時は基準(2㎜~3㎜)以上出してはいけません。
※燃焼時は基準(2㎜~3㎜)をもとに調整して下さい。
※消火時も基準(2㎜~3㎜)以上出してはいけません。
※消火はオレンジ色の炎から完全に青色のみになった所で息を吹きかければ簡単に消えます。
この芯の場所が最下部の芯の格納場所になりますので後のレバー調整はいりませんが念の為、目視で消火確認して下さい。
覚えていれば芯の落下防止に役立つと思います。
8)ホヤ内の炎はホヤなしの裸火と違って気圧が有りますので、小さくなり先端は丸くなるのが正常です。
※ランタン最上部チムニー(煙突部)~ベンチレーター(換気口)に負圧がかかり、うまく上昇気流が出ると
綺麗で生きた力強い炎になります。